離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
54歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却できた」
         
ローンを残さずに自宅を売却できたのはこちらにお願いしたおかげです。諦めかけていたので相談してみてよかったです。

公式サイトはこちら

2管財ソリューション

おすすめの理由
  • 買い戻しプランあり
  • スピード売却可能
  • ケースに合わせたプラン多数

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ

競売の期間入札通知書が来る前に相談しよう

競売の期間入札通知書が来る前に相談をしよう

夢のマイホームを購入した時には、ライフスタイルも順調で、この先も今の生活がずっと続くように誰しもが考えます。 しかし住宅ローンと言うのは二十年も三十年も支払うもので、住宅購入時に生まれた子供が成人し、結婚をしているかもしれないほど長い年月支払うものです。

当然ライフスタイルにも変化があるのです。 良い方向ばかりにライフスタイルの変化があるのではなく、良くない方向へも変化する可能性は誰にでもあるのです。

もしもマイホームを購入してしばらくしてから、限界を感じて離婚をするような事になった場合、当然マイホームはローンの名義人が支払う事になります。 しかし、離婚と言う相当なエネルギーを消耗する出来事が起こった後なので、住宅ローンを支払えなくなる事も少なくありません。

慰謝料や養育費、その他財産分与などが絡んでくると、以外にも多額な金額を元のパートナーに支払う可能性もあるのです。 そう言った時には、住宅ローンの支払いが後回しになりがちですが、放置しておくと、督促状が届き、催告状が届き、やがては競売にかけられてしまうと言う道を進む事になります。

競売の期間入札通知書が届いてしまえば、任意売却もなかなか難しくなるのが現状です。 その為、期間入札通知書が届く前に、任意売却を検討して、しかるべき専門家に相談し、手続きをする事が望ましいのです。

四ツ橋総合法律事務所は離婚調停に強い大阪の弁護士です

競売の入札が開始するとどうなるのか?

そうなってしまうと裁判所が間に介入しているので、強制的にいろいろな事が進みます。 強制退去をしなければならなかったり、手元に財産がさほど残らなかったり、猶予と言うものはないのです。 強制的に物事が進んで行くのですから、この時になって焦っても時既に遅しなのです。 こうならないためにも、競売の入札通知書が届く前に、任意売却や、住宅ローンの支払い、財産の処分をして支払うなどして回避するよう努力しなければならないのです。

ページトップへ

運営者情報