離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > どうしても自宅を売却したくない場合

どうしても自宅を売却したくない場合


離婚をしたとしてもどうしても自宅は手放したくない

夫婦で連帯保証人になっている場合は、離婚した後の手続きが非常に大変になりますのである程度の覚悟が必要です。
ベストな方法は、自宅を手放して任意売却してしまうことなのですが、それも嫌だと考える夫婦であれば別の方法を考えていかなければいけません。

夫か妻のどちらかが自宅に住み続けるという場合は、その人がメインで債務を負っていくということが重要になります。
離婚する時の弁護士などに相談して法的な処置をとってもらうこともでき、どのようにしてトラブルを避けていくかということを協議することが必要です。

離婚を決定した時には債務を払い続けると考えていたとしても、いつ何があるかわかりませんから家から出て行く配偶者が債務を負い続けるというのは非現実的な方法ではありません。
必ずといっていいほどトラブルが後になって生じますので、しっかりと考えておかなければいけません。

どのようにしてトラブルを回避することができるか

シンプルな方向は連帯保証人を変更することが可能かどうか、債権者に聞いてみる必要があります。
新しい連帯保証人を住み続ける側で見つけることができれば、あまり大きなトラブルにならなくて済みます。

もしくは出て行く連帯保証人の代わりに、固定資産を担保にするという方法もありますので、銀行側と交渉してみることもできるでしょう。
離婚後も自宅に住み続けたいというケースは珍しくほとんどの場合は売却してしまいますが、全く方法がないわけではありませんので、銀行側との交渉が大切です。

離婚の際には色々な手続きが必要ですが適当に考えておくとどちらかが債務履行が不可能になった際に、かなりの揉め事になりますから注意が必要です。
払い続けるのが無理だったで新たな保証人や担保が見つからない場合は、任意売却をしてしまうという方向で話を進めるのが一番無難です。
離婚の際は全てをリセットするのがお互いの為になる場合が多いです。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報