離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > どうしても自宅を売却したくない場合

どうしても自宅を売却したくない場合


離婚をしたとしてもどうしても自宅は手放したくない

夫婦で連帯保証人になっている場合は、離婚した後の手続きが非常に大変になりますのである程度の覚悟が必要です。
ベストな方法は、自宅を手放して任意売却してしまうことなのですが、それも嫌だと考える夫婦であれば別の方法を考えていかなければいけません。

夫か妻のどちらかが自宅に住み続けるという場合は、その人がメインで債務を負っていくということが重要になります。
離婚する時の弁護士などに相談して法的な処置をとってもらうこともでき、どのようにしてトラブルを避けていくかということを協議することが必要です。

離婚を決定した時には債務を払い続けると考えていたとしても、いつ何があるかわかりませんから家から出て行く配偶者が債務を負い続けるというのは非現実的な方法ではありません。
必ずといっていいほどトラブルが後になって生じますので、しっかりと考えておかなければいけません。

どのようにしてトラブルを回避することができるか

シンプルな方向は連帯保証人を変更することが可能かどうか、債権者に聞いてみる必要があります。
新しい連帯保証人を住み続ける側で見つけることができれば、あまり大きなトラブルにならなくて済みます。

もしくは出て行く連帯保証人の代わりに、固定資産を担保にするという方法もありますので、銀行側と交渉してみることもできるでしょう。
離婚後も自宅に住み続けたいというケースは珍しくほとんどの場合は売却してしまいますが、全く方法がないわけではありませんので、銀行側との交渉が大切です。

離婚の際には色々な手続きが必要ですが適当に考えておくとどちらかが債務履行が不可能になった際に、かなりの揉め事になりますから注意が必要です。
払い続けるのが無理だったで新たな保証人や担保が見つからない場合は、任意売却をしてしまうという方向で話を進めるのが一番無難です。
離婚の際は全てをリセットするのがお互いの為になる場合が多いです。


ページトップへ

競売される前に任意売却会社へ相談

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 専門の売却業者!!
  • 各専門の人材がいる!!
  • 銀行との交渉もしてくれる!!

利用者の声
34歳 (女性)「競売にかけられてしまう前にマイホームを売却することができました!」
早めに相談することで必要な書類もそろえることができますし、競売にかけられてしまう前にマイホームを売却することができました!

公式サイトはこちら

2離婚専門弁護士 - 四ツ橋総合法律事務所

おすすめの理由
  • 相手の立場にたった相談
  • 任意売却以外の解決方法も提案
  • 売却後の住まい確保までサポート

3双葉FP法務事務所

おすすめの理由
  • 不動産の専門家!!
  • ワンストップ対応!!
  • 法的知識も豊富!!

ページトップへ

運営者情報