離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 任意売却のメリットとデメリット

任意売却のメリットとデメリット


任意売却のメリットとデメリットとは?

まず任意売却と言うのは、債権者、債務者、買主、それぞれにメリットが発生する仕組みになっています。
任意売却に至るまでの経緯と言うのはさまざまなドラマがありますが、どのようなケースの場合でも、任意売却の手続きにおけるメリットとデメリットにはさほどの差がありません。

任意売却ではメリットしては売却費用が掛からない事や市場価格と変わらない評価を受ける事が出来る点などで、デメリットとしては、任意売却後に自己破産をしても免責にならないケースがあるなどと言う事です。

他にもメリットとしては、早期売却が出来たり、周囲にバレる心配が無くプライバシーが確保されている事や、売却した後も安心する事が出来たり、住み続ける事も場合によっては可能になります。
全てのメリットにおいて例外もありますが、やり方次第、希望次第では専門家や任意売却業者との交渉によって全てのメリットを手にする事も可能なケースもあります。

また、デメリットとしては、通常の売却方法とは少し違うので、任意売却は不確実性の要素が多くあり、場合によっては思いもよらない事も起こる可能性があります。
例えば、税金の滞納が発覚したり、売却出来るかどうか承認されるかもわかりません。
こうした意味では不確実性の要素が多いと言えるのです。

そして残債務が残っている場合には新たな連帯保証人を付けなければならない可能性があります。
そうなるとまた少々厄介な事が増えると感じる方もいる事でしょう。

任意売却は良いのか悪いのか

任意売却はさまざまなメリットとデメリットをしっかりと把握して、専門家や任意売却業者を介して行えば、メリットの方が大きくなる可能性があると言えます。
すべてが上手くいけば、メリットの方が大きくなる事でしょう。

競売にかけられるよりは任意売却の方が断然有利な事だと言えますから、良いのか悪いのかで言えば、競売よりは良いと言えるでしょう。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
54歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却できた」
         
ローンを残さずに自宅を売却できたのはこちらにお願いしたおかげです。諦めかけていたので相談してみてよかったです。

公式サイトはこちら

2管財ソリューション

おすすめの理由
  • 買い戻しプランあり
  • スピード売却可能
  • ケースに合わせたプラン多数

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ

運営者情報