離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 任意売却のメリットとデメリット

任意売却のメリットとデメリット


任意売却のメリットとデメリットとは?

まず任意売却と言うのは、債権者、債務者、買主、それぞれにメリットが発生する仕組みになっています。
任意売却に至るまでの経緯と言うのはさまざまなドラマがありますが、どのようなケースの場合でも、任意売却の手続きにおけるメリットとデメリットにはさほどの差がありません。

任意売却ではメリットしては売却費用が掛からない事や市場価格と変わらない評価を受ける事が出来る点などで、デメリットとしては、任意売却後に自己破産をしても免責にならないケースがあるなどと言う事です。

他にもメリットとしては、早期売却が出来たり、周囲にバレる心配が無くプライバシーが確保されている事や、売却した後も安心する事が出来たり、住み続ける事も場合によっては可能になります。
全てのメリットにおいて例外もありますが、やり方次第、希望次第では専門家や任意売却業者との交渉によって全てのメリットを手にする事も可能なケースもあります。

また、デメリットとしては、通常の売却方法とは少し違うので、任意売却は不確実性の要素が多くあり、場合によっては思いもよらない事も起こる可能性があります。
例えば、税金の滞納が発覚したり、売却出来るかどうか承認されるかもわかりません。
こうした意味では不確実性の要素が多いと言えるのです。

そして残債務が残っている場合には新たな連帯保証人を付けなければならない可能性があります。
そうなるとまた少々厄介な事が増えると感じる方もいる事でしょう。

任意売却は良いのか悪いのか

任意売却はさまざまなメリットとデメリットをしっかりと把握して、専門家や任意売却業者を介して行えば、メリットの方が大きくなる可能性があると言えます。
すべてが上手くいけば、メリットの方が大きくなる事でしょう。

競売にかけられるよりは任意売却の方が断然有利な事だと言えますから、良いのか悪いのかで言えば、競売よりは良いと言えるでしょう。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報