任意売却の流れ


任意売却の流れとは?

任意売却の流れには、住宅ローンの滞納との関係が深く、住宅ローンを支払う事が困難な状況になりそうだと分かった時点で手続きをする事が大切です。
住宅ローンを滞納してからでも手続きは行う事が出来ますが、出来れば、あまり滞納しないうちに手続きをする方が、スムーズに進行します。

住宅ローンを滞納してしまっている場合については、滞納してから一ケ月から三ケ月程度で督促状が届き、それでも支払いが出来ない場合には催告状が届き、住宅ローンの滞納が三ケ月から六ケ月になると、期限の利益喪失となり、この時点で住宅ローン融資の金銭消費賃借契約違反となります。

そして同時に、月々で支払うはずだった分割払いの権利を失う事になります。
つまり、一括でローンを支払わなければならないと言う状況になるのです。

そして、任意売却のタイミングとしては、この時です。
債権者に申請をして、合意を得る事で任意売却が出来る様になります。
この時の売却価格は、一般的には市場価格の相場を目安にしますが、最終的には債権者が判断をします。

このタイミングを逃すと競売への道しか残りませんので、タイミングを逃さないようにする事が大切になります。

任意売却をするなら自分でやった方が良い?

任意売却は法律に詳しい専門家や任意売却業者に任せる事が一番安全です。
なぜなら、法律にあまり詳しくない方がインターネット上で得た知識だけで簡単に出来るような事ではないからです。

一歩間違えれば競売にかけられてしまう道へと進む可能性もありますし、そうでなければ任意売却狙いなのだとバレてしまう可能性もあるのです。
そう言った事を考えるとタイミング良く業者や専門家が登場して任意売却の手続きをしてくれる方が自然で良いのです。

間違えても自分一人で頑張ってみようと言うような考えは起こさずに、専門家や任意売却業者に依頼する事が重要です。
基本的に費用や相談料金はかからない事が多いので、上手く利用すると良いでしょう。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報