離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 業者に相談する際に必要な書類

業者に相談する際に必要な書類


任意売却をする際に必要な書類

離婚などの原因によって財産を売却しなければいけないという場合、任意売却を業者に依頼することが可能です。
専門家にやってもらうことで自分は不必要なストレスを感じないで済みますので、新たな生活のための準備を始めることができるのです。

その際には必要な書類がありますので、ある程度は準備しておかなければいけません。
実際に依頼するときには督促状や催促書などローン借入先が分かる書類が必要になります。
業者に債権者との話し合いを委ねるわけですから、当然必要になる書類です。

さらに物件の売買契約書など、今後売却していくために必要な情報を業者に教えなければいけませんから、それらがわかるパンフレットなどを準備しておくことが大切です。

さらには外観の写真や水回りの写真なども準備しておくと、業者も相談に乗りやすくなります。
書類をしっかりと整えておくことによって、非常にスピーディーに任意売却を行うことができます。

マンションの場合は更に必要な書類がある

マンションの場合は管理会社との契約などもありますから、管理会社の連絡先やマンションの規約などを業者に伝えておく必要があります。
特殊なタイプのマンションに住んでいる場合は特に必要ですし、ノーマルタイプだったとしても、求められる場合が多いです。

このような書類はなかなか発見するのが難しいのですが、手間を惜しまずに整えておきましょう。
任意売却について考慮しだした時からある程度書類を整えておくと、業者に言われて慌てるということがなくなります。

当然のことながら印鑑証明や本人確認などの書類も必要になりますから、これらも提示が求められるものと考えましょう。

評価証明書に関しては、市税事務所に行かなければいけませんので、役所でもらうものと自分で用意できるもの分けて準備しておくことが大切です。
何事も早めに取りかかることで今後の流れをスムーズにすることができます。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報