離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 業者に相談する際に必要な書類

業者に相談する際に必要な書類


任意売却をする際に必要な書類

離婚などの原因によって財産を売却しなければいけないという場合、任意売却を業者に依頼することが可能です。
専門家にやってもらうことで自分は不必要なストレスを感じないで済みますので、新たな生活のための準備を始めることができるのです。

その際には必要な書類がありますので、ある程度は準備しておかなければいけません。
実際に依頼するときには督促状や催促書などローン借入先が分かる書類が必要になります。
業者に債権者との話し合いを委ねるわけですから、当然必要になる書類です。

さらに物件の売買契約書など、今後売却していくために必要な情報を業者に教えなければいけませんから、それらがわかるパンフレットなどを準備しておくことが大切です。

さらには外観の写真や水回りの写真なども準備しておくと、業者も相談に乗りやすくなります。
書類をしっかりと整えておくことによって、非常にスピーディーに任意売却を行うことができます。

マンションの場合は更に必要な書類がある

マンションの場合は管理会社との契約などもありますから、管理会社の連絡先やマンションの規約などを業者に伝えておく必要があります。
特殊なタイプのマンションに住んでいる場合は特に必要ですし、ノーマルタイプだったとしても、求められる場合が多いです。

このような書類はなかなか発見するのが難しいのですが、手間を惜しまずに整えておきましょう。
任意売却について考慮しだした時からある程度書類を整えておくと、業者に言われて慌てるということがなくなります。

当然のことながら印鑑証明や本人確認などの書類も必要になりますから、これらも提示が求められるものと考えましょう。

評価証明書に関しては、市税事務所に行かなければいけませんので、役所でもらうものと自分で用意できるもの分けて準備しておくことが大切です。
何事も早めに取りかかることで今後の流れをスムーズにすることができます。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
54歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却できた」
         
ローンを残さずに自宅を売却できたのはこちらにお願いしたおかげです。諦めかけていたので相談してみてよかったです。

公式サイトはこちら

2管財ソリューション

おすすめの理由
  • 買い戻しプランあり
  • スピード売却可能
  • ケースに合わせたプラン多数

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ

運営者情報