離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 競売したくない場合に相談する業者

競売したくない場合に相談する業者


絶対に家を競売に出したくない場合

大切なマイホームが自己破産によって競売に出されてしまうというのは悲しいことです。
そのような時にはしっかりとした業者に相談してみることができます。

具体的には任意売却を専門として扱っている業者に相談してみることが大切です。
任意売却を専門として扱っている業者というのは、個人情報もしっかりと保護してくれますし債務側ともしっかりと交渉してくれます。

自分と同じようなケースを沢山扱ったことのある業者ですから、プライベートな話をするのもあまり恥ずかしくありませんし、相手は専門家なので安心して任せることができるでしょう。
競売にかけると色々なデメリットがありますが任意売却をしてしまえば、その後に自己破産になったとしても自分の保有していた資産を守ることになるという表現もできます。

所有し続けることは無理ですが、自分の意思で売却しているということは、競売と大きく違います。

競売すると自宅はどうなってしまうのか

競売にかけられる自宅というのは非常に安い値段で落とされてしまうことが多いです。
しかも周りの人たちにも知られてしまいますし、競売物件を持っていた人として有名になってしまうというリスクがあります。

自己破産に陥った人として周りの目を気にしながら生きていかなければいけないと悩んでいる人もたくさんいるのです。
ローンを払い続けられなくて任意売却した人と、強制的に競売に自宅をかけられてしまった人というイメージを比べてみると、どちらが良いのかということは簡単に想像がつきます。

どう考えたとしても先に任意売却をしておいた方がメリットが多いですから、専門の業者にあらかじめ相談してみることができます。
最終的に自己破産になったとしても、自宅を競売にかけられるよりは精神的ダメージは少なくて済むでしょう。

非常によく話をよく聞いてくれる任意売却業者がたくさんありますので、その中から選ぶことができるでしょう。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報