離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 競売になった際に連帯保証人はどうなる

競売になった際に連帯保証人はどうなる


競売になった際に連帯保証人はどうなる?

自分のマイホームの住宅ローンが支払えない、支払いが困難な状態になった時には、任意売却と言う方法がありますが、万一そのチャンスも逃してしまって競売になってしまった時に気になるのは連帯保証人はどうなるのかと言う事ではないでしょうか。

競売でマイホームを処分されても、任意売却をしたとしても、自己破産をしない限りは残債務は残ります。
残った債務に対して、支払わなくても良いと言う事は一切ありません。
必ず支払わなくてはいけないものです。

しかし、競売の場合は、取引の価格が低めの設定をされるので、残る債務も多くなる事がほとんどです。
競売で落札された場合も、自己破産をした場合でも、連帯保証人がいる場合には、残っている債務は連帯保証人に請求が行きます。

その為の連帯保証人でもあり、最悪の場合はその連帯保証人も自己破産に追い込まれる可能性も出てきます。
それを忘れて勝手に任意売却や競売の手続きをしてしまうと連帯保証人には多大なる迷惑をかける事になります。

迷惑と言う言葉では足りないほどの損害を与える事もあるでしょう。
そうならないためには、出来るだけ残債務を自分で支払うようにする事や、競売にかけられるような事態を避ける事が必要になるのです。

連帯保証人が保証会社だった場合

近年では、住宅ローンを組むときには連帯保証人と言う存在では無く、保証会社が間に入る事が増えてきています。
その場合で、任意売却をしたり、競売にかけられるような状態に陥った時には、当然保証会社から請求が来るようになります。

結局のところ連帯保証人が身内であっても第三者であっても、自分が作ってしまった債務は自分で支払う事が望ましく、それが当たり前だと言う事を忘れてはいけないのです。
連帯保証人の場合でも保証会社であっても、迷惑をかける事には変わり有りませんので、出来るだけそう言った事態にならないように先々を見越して生活する事が重要になります。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報