離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 競売のメリットとデメリット

競売のメリットとデメリット


競売のメリットとデメリットとは?

競売と言うといかにも切羽詰まって競売にかけられたと言うような雰囲気がしますが、競売にかけられるまでのステップではさまざまなドラマがあったとしても、競売にもメリットやデメリットがあります。
また購入する側としてもメリットやデメリットがありますので、一概に悪い印象ばかりを持っているのは良くない話です。

競売のメリットとデメリットは大まかに言えばメリットは市場価格よりも安く不動産を取得する事が出来る、デメリットと言えば住宅ローンが事実上は利用出来ない事が多いと言う事になります。

競売で物件を購入する側としては、安く購入する事が出来てしかも一括で支払が出来るならば、競売物件に越したことはないくらいお得です。
しかも特殊な物件も多いので、賃貸にしたりする予定があるならば、なおさら面白い物件を探す事が可能になります。

しかし、競売の場合のデメリットとして、最大の物と言えば、売主がいないので通常の不動産売買では買主に認められているような権利が無く、引き渡し義務も無いのです。
さまざまな角度から見て行くと、競売物件と言うのは一長一短なところがあるとも言えます。
しかし、そのメリットを追求して上手く購入する事が出来れば、プラスに作用するのです。

競売物件は購入する側にとっては安くてお得

住宅ローンなどは使えない事が多いですが、不動産会社が競売物件を購入して賃貸にすると言う事などは良くある話です。
しかも安く購入出来て、若干の手を加えれば思う通りに出来るのですから、お得感はあるでしょう。

さまざまな法律をクリアしなければならい、手続きもクリアしなければならない、と言うデメリットは多少あるにしても、それらをクリアしてしまえば、あとは何ら問題の無い物件として自由に出来るものなので、お得感と言うのは感じられると言えます。

転売する事も出来ますので、それを考えると商売が成り立つとも言えます。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報