離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 自己破産は具体的にどうなる

自己破産は具体的にどうなる


自己破産をすると何が起きるのか

どうしても借金を返済することができないときは自己破産を考えるものですが、自己破産についてあまり詳しく知っている人は少ないです。
当然のことながら事業を起こした時や、家を購入した時には自己破産するなんて考えてもいないわけですから、その後の生活に不安があるのは当然です。

自己破産をしてしまうと、ある程度の制限がかけられますので、財産などは手放さなければいけないということも覚悟した方が良いです。
ほとんどの場合、自宅は売却されてしまいますから、自己破産をする前に任意売却してしまった方が引越しの費用などを残しやすいというメリットがあります。

99万円以下であれば現金も残しておけますので生活することが困難になるわけではありませんし、ドラマで見るような最悪な生活をしなければいけないわけでもないのです。
どのような形で自己破産するかということは、弁護士に相談することでベストな選択をできます。

全てを手放さなければいけないわけではない

自己破産をすると官報に名簿が載せられますし、それなりのデメリットがあるわけですが、借金から開放されますし思ったよりも普通の生活が送れていると感じる人の方が多いです。
いろいろな手続きも不便ですが、生活を送っていくための物が没収されるわけではありませんので、贅沢を言わなければそれなりに生活をしていくことができます。

簡単にできる決定ではありませんが自己破産することによって新たな人生を切ることができたと考えている人も多いですし、その後に成功することができた人もたくさんいます。
裁判所の判断によっていろいろな決定が下されますが、基本的には任意売却を行っておいた方がスムーズに話を進めることができます。

自己破産について考えている人は、ある程度頭を使ってうまくその後について考えていく必要があります。
そうすることによって、清々しい気持ちで人生のリスタートができます。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報