離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 連帯保証を解除する方法

連帯保証を解除する方法


連帯保証人の解除は可能なのか

離婚を考えていて、配偶者同士が連帯保証人になっている時は、連帯保証人を解除したいと考えるのが普通です。
特に夫婦の関係がかなり冷え切っていて、感情的に離婚を考えている際は、その後も助け合いながらローンを返却するということは不可能に近いです。

実際に連帯保証人の解除は可能なのでしょうか。
端的に言ってしまうと連帯保証人の解除は可能ですが、夫婦として生活していた人の場合は、なかなか難しい場合が多いです。

基本的に連帯保証人の解除が可能になる場合は、強制的に連帯保証人とされていたり、詐欺にあっていたりする場合がほとんどだからです。
夫婦としてマイホームを購入したなどの契約の場合、詐欺や強制などは考えられませんので、基本的には連帯保証人の解除は不可能だと考えながら、話を進めていった方が現実的です。

色々と複雑な話になる

離婚をするときの話し合いは非常に複雑になりますので、弁護士と相談しながら少しでもスムーズに行えるようにした方が良いです。
とにかくスムーズに解決したいのであれば、夫婦で保有していた資産を任意売却してしまうということです。

マイホームのローンが残ったとしても任意売却をしていればさほどのローンになりませんから、十分に返済するだけの余裕があるでしょう。
自己破産しなくても済む可能性が高くなりますし、ブラックリストに載らなくても済むので、悠々自適な生活を離婚後も送ることができます。

マイホームにこだわってしまうと話し合いが面倒くさくなり、新たな連帯保証人をどうするのかという揉め事が生じてしまうので、こじれやすくなります。
そうなる前に思い切った決断をしてしまうことによって、離婚後もハッピーな生活を続けることができたという人が多いです。

ポジティブな見方をしてしまえば夫婦で共有していた資産がなくなることによって、新たな生活に集中しやすいというメリットもあるのです。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報