離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 連帯保証人も自己破産するかどうか

連帯保証人も自己破産するかどうか


借金が返せないと連帯保証人はどうなるか

借金が返せないというのは本当に辛いことですが、自己破産するのは正当な方法ですし、リスタートするためには積極的に考えることができる方法です。

そこで考えなければいけないのは、借金が返せない時に連帯保証人にどれぐらいの迷惑がかかるかということです。
当然のことながら自分が借金が返せない分、連帯保証人に請求が行くことになりますので、連帯保証人との関係を考えなければいけません。

連帯保証人も自己破産をしなければいけないかということに関しては、その人も経済状況によるといえるでしょう。
連帯保証人に返済するだけの財産があれば自己破産をしなくても良いですし、財産を少し処分するだけで、返済することが可能になる場合も多いです。

どのような経緯で保証人になってくれたかによって違いますが、ある程度の信頼関係があって、財力もある人であれば自己破産せずに保証人としての役割を果たすことができるのです。

連帯保証人も自己破産をする場合もある

連帯保証人に財力がない場合は、自己破産を選択するという可能性もあります。
そうすることによって、保証人として借金を肩代わりしなくて済むからです。

最初の契約の時点である程度覚悟はしているでしょうから、借金をした人への信頼は強いものです。
保証人が自己破産をしてしまったとしても、借金をした人がリスタートを切ってその人を助け、借りを返すということも可能です。

ですから、自分の借金のせいで保証人が自己破産しなければいけなくなったとしても、申し訳ないという気持ちを持つことは当然ですが、やり直しをしてその人の分まで頑張るという気持ちを持つことが大切です。

投げやりになってしまってすべて物事を否定的に見てしまうようになると、リスタートを切ることができずに保証人に対する恩返しもすることができなくなってしまいます。
ポジティブな気持ちを持って状況を対処していくことが大切です。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報