離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 連帯保証人も自己破産するかどうか

連帯保証人も自己破産するかどうか


借金が返せないと連帯保証人はどうなるか

借金が返せないというのは本当に辛いことですが、自己破産するのは正当な方法ですし、リスタートするためには積極的に考えることができる方法です。

そこで考えなければいけないのは、借金が返せない時に連帯保証人にどれぐらいの迷惑がかかるかということです。
当然のことながら自分が借金が返せない分、連帯保証人に請求が行くことになりますので、連帯保証人との関係を考えなければいけません。

連帯保証人も自己破産をしなければいけないかということに関しては、その人も経済状況によるといえるでしょう。
連帯保証人に返済するだけの財産があれば自己破産をしなくても良いですし、財産を少し処分するだけで、返済することが可能になる場合も多いです。

どのような経緯で保証人になってくれたかによって違いますが、ある程度の信頼関係があって、財力もある人であれば自己破産せずに保証人としての役割を果たすことができるのです。

連帯保証人も自己破産をする場合もある

連帯保証人に財力がない場合は、自己破産を選択するという可能性もあります。
そうすることによって、保証人として借金を肩代わりしなくて済むからです。

最初の契約の時点である程度覚悟はしているでしょうから、借金をした人への信頼は強いものです。
保証人が自己破産をしてしまったとしても、借金をした人がリスタートを切ってその人を助け、借りを返すということも可能です。

ですから、自分の借金のせいで保証人が自己破産しなければいけなくなったとしても、申し訳ないという気持ちを持つことは当然ですが、やり直しをしてその人の分まで頑張るという気持ちを持つことが大切です。

投げやりになってしまってすべて物事を否定的に見てしまうようになると、リスタートを切ることができずに保証人に対する恩返しもすることができなくなってしまいます。
ポジティブな気持ちを持って状況を対処していくことが大切です。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
54歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却できた」
         
ローンを残さずに自宅を売却できたのはこちらにお願いしたおかげです。諦めかけていたので相談してみてよかったです。

公式サイトはこちら

2管財ソリューション

おすすめの理由
  • 買い戻しプランあり
  • スピード売却可能
  • ケースに合わせたプラン多数

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ

運営者情報