離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 離婚の際に連帯保証人と共有名義は変更できる?

離婚の際に連帯保証人と共有名義は変更できる?


離婚の際に配偶者が連帯保証人になっている場合

マイホームを購入した時によくあるケースですが、配偶者が連帯保証人になっているという場合があります。
銀行と契約した時には離婚をすることなど全く考えていないでしょうから、離婚の際に妻か夫が連帯保証人を抜けられないかと考える人が多いです。

簡単に結論を言ってしまうと、そう簡単に連帯保証人を変更することはできませんので、離婚したから自動的に連帯保証人ではなくなるということは期待できません。
ただし、全く不可能というわけではないので、いろいろな方法を探ってみる必要があります。

ケースバイケースになりますが、その家にどちらか片方が住み続ける場合であれば、離婚した後に代わりとなる連帯保証人を用意することによって、銀行も許可をする場合がありますので、交渉してみることができます。
住み続ける人の親族が連帯保証人になるケースが多いです。

どちらも住まないのであれば任意売却をする

離婚の際に連帯保証人のことでもめる場合が多いですが、離婚をしてしまうとその家に住み続けたくないと考える夫婦も多いです。
そのような時は連帯保証人の事でいろいろと頭を悩ませるよりも、いっそのこと任意売却をしてしまった方が話が早いです。

購入した時よりは安い金額で任意売却をしなければいけなくなりますが、どちらかが返済不能になって離婚した後にまで連帯保証を求められるという、泥沼の状態に陥らないために早めの任意売却は良い方法です。
そうすることにより、人生のリセットが簡単にできるようになります。

子供がいる夫婦の離婚などは複雑な問題になってきますので、少しでも問題を少なくするためには任意売却をしてしまった方が、後々のためになります。
離婚するということは夫婦関係にあまり良くない思い出があるはずですし、マイホームにも良いイメージが残っていないために、思い切って住み替えたいと考えている夫婦が多いです。
そうであれば手放してしまう方が経済的にも楽になるという考え方です。


ページトップへ

競売される前に任意売却会社へ相談

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 専門の売却業者!!
  • 各専門の人材がいる!!
  • 銀行との交渉もしてくれる!!

利用者の声
34歳 (女性)「競売にかけられてしまう前にマイホームを売却することができました!」
早めに相談することで必要な書類もそろえることができますし、競売にかけられてしまう前にマイホームを売却することができました!

公式サイトはこちら

2離婚専門弁護士 - 四ツ橋総合法律事務所

おすすめの理由
  • 相手の立場にたった相談
  • 任意売却以外の解決方法も提案
  • 売却後の住まい確保までサポート

3双葉FP法務事務所

おすすめの理由
  • 不動産の専門家!!
  • ワンストップ対応!!
  • 法的知識も豊富!!

ページトップへ

運営者情報