離婚によるローン滞納、競売 > 基礎知識 > 離婚の際に連帯保証人と共有名義は変更できる?

離婚の際に連帯保証人と共有名義は変更できる?


離婚の際に配偶者が連帯保証人になっている場合

マイホームを購入した時によくあるケースですが、配偶者が連帯保証人になっているという場合があります。
銀行と契約した時には離婚をすることなど全く考えていないでしょうから、離婚の際に妻か夫が連帯保証人を抜けられないかと考える人が多いです。

簡単に結論を言ってしまうと、そう簡単に連帯保証人を変更することはできませんので、離婚したから自動的に連帯保証人ではなくなるということは期待できません。
ただし、全く不可能というわけではないので、いろいろな方法を探ってみる必要があります。

ケースバイケースになりますが、その家にどちらか片方が住み続ける場合であれば、離婚した後に代わりとなる連帯保証人を用意することによって、銀行も許可をする場合がありますので、交渉してみることができます。
住み続ける人の親族が連帯保証人になるケースが多いです。

どちらも住まないのであれば任意売却をする

離婚の際に連帯保証人のことでもめる場合が多いですが、離婚をしてしまうとその家に住み続けたくないと考える夫婦も多いです。
そのような時は連帯保証人の事でいろいろと頭を悩ませるよりも、いっそのこと任意売却をしてしまった方が話が早いです。

購入した時よりは安い金額で任意売却をしなければいけなくなりますが、どちらかが返済不能になって離婚した後にまで連帯保証を求められるという、泥沼の状態に陥らないために早めの任意売却は良い方法です。
そうすることにより、人生のリセットが簡単にできるようになります。

子供がいる夫婦の離婚などは複雑な問題になってきますので、少しでも問題を少なくするためには任意売却をしてしまった方が、後々のためになります。
離婚するということは夫婦関係にあまり良くない思い出があるはずですし、マイホームにも良いイメージが残っていないために、思い切って住み替えたいと考えている夫婦が多いです。
そうであれば手放してしまう方が経済的にも楽になるという考え方です。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報