期限の利益喪失


期限の利益喪失とは

競売や任意売却について考えている人は、期限の利益喪失という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
期限の利益というのは法律で定められている権利ですが、決まった期日までにお金を返却しなくて良いという権利のことです。

お金を借りた人はその日までお金を返却しないという利益を持っているのですが、いろいろな条件に当てはまった場合は利益が喪失されます。
例えば返済が遅延しているとか、滞納している場合は、期限の利益喪失が生じる場合が考えられます。
その他にも自己破産をした場合も期限の利益喪失になります。

このような条件になってしまう前にある程度手を打たなければいけないのですが、離婚などの家庭の事情が原因で支払いが難しくなっている場合には、いろいろな手続きが面倒だと感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、そのままにしておくと大変なことになりますので、業者に相談するなど、しかるべき措置を取っていくことが重要です。

任意売却の業者に相談することによって解決

期限の利益喪失になってしまうかどうかという瀬戸際にいる人は業者に相談をしてみることが重要です。
専門に扱っている業者を見つける事が出来ますので、そこで相談してみることで、今後どのような対応をしていけば良いのかということについてアドバイスを受けることができます。

具体的な経済状況や家庭事情などについて角かくしなく相談できる業者を選ぶことが重要ですが、具体的に正直に話さないとなかなか物事がうまく進まなくなってしまいます。
いろいろな事情でなかなか話したくないという気持ちも理解できますが、自己破産や競売にかけられることを避けるためには、専門家のアドバイスが必要になります。

例え競売にかけられるようなことになったとしても新しい生活でどのような注意点が必要なのかということも、いろいろな角度からアドバイスをしてもらえます。
専門家の助けを借りながらピンチを乗り切りましょう。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
54歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却できた」
         
ローンを残さずに自宅を売却できたのはこちらにお願いしたおかげです。諦めかけていたので相談してみてよかったです。

公式サイトはこちら

2管財ソリューション

おすすめの理由
  • 買い戻しプランあり
  • スピード売却可能
  • ケースに合わせたプラン多数

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ

運営者情報