期限の利益喪失


期限の利益喪失とは

競売や任意売却について考えている人は、期限の利益喪失という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
期限の利益というのは法律で定められている権利ですが、決まった期日までにお金を返却しなくて良いという権利のことです。

お金を借りた人はその日までお金を返却しないという利益を持っているのですが、いろいろな条件に当てはまった場合は利益が喪失されます。
例えば返済が遅延しているとか、滞納している場合は、期限の利益喪失が生じる場合が考えられます。
その他にも自己破産をした場合も期限の利益喪失になります。

このような条件になってしまう前にある程度手を打たなければいけないのですが、離婚などの家庭の事情が原因で支払いが難しくなっている場合には、いろいろな手続きが面倒だと感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、そのままにしておくと大変なことになりますので、業者に相談するなど、しかるべき措置を取っていくことが重要です。

任意売却の業者に相談することによって解決

期限の利益喪失になってしまうかどうかという瀬戸際にいる人は業者に相談をしてみることが重要です。
専門に扱っている業者を見つける事が出来ますので、そこで相談してみることで、今後どのような対応をしていけば良いのかということについてアドバイスを受けることができます。

具体的な経済状況や家庭事情などについて角かくしなく相談できる業者を選ぶことが重要ですが、具体的に正直に話さないとなかなか物事がうまく進まなくなってしまいます。
いろいろな事情でなかなか話したくないという気持ちも理解できますが、自己破産や競売にかけられることを避けるためには、専門家のアドバイスが必要になります。

例え競売にかけられるようなことになったとしても新しい生活でどのような注意点が必要なのかということも、いろいろな角度からアドバイスをしてもらえます。
専門家の助けを借りながらピンチを乗り切りましょう。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報