督促状と催告状


督促状と催告状の違いについて

住宅ローンを抱えているもののなかなか払いきることができなくて悩んでいる人は、早めに解決するための策を講じなければなりません。
督促状や催告状が来ている場合は、それぞれの書類の違いについて把握しておく必要があります。

督促状の場合は支払の催促のお知らせだと考えて良いでしょう。
どれくらいの金額が残っているのか、どのような方法で返済ができるのかなどが記されている場合が多いです。
繰り返し送られてくると文面もきついものになってきますし、次の段階を匂わす内容になります。

この時点ですでに解決策が見当たらないという場合は任意売却などを考えておいた方が得策でしょう。
早めに動いておくことでお金を貸している側にとっても、自分にとってもストレスにならずに済むからです。
業者との相談は早い段階でしておくのが最善です。

督促状ではなく催告状になったら

督促状がしばらく来ていたものの、何のリアクションもしないでおくと、催告状という書類が届くようになります。
多くの場合は内容証明で送りつけられることが多く、確かに受け取ったかどうかが確認される重要な書類になります。

内容はかなり厳しいものになりますし、返済期限について具体的に書かれているものになるでしょう。
このような書類を無視し続けることができるのではないかと考えてしまう人もいるのですが、
内容を確認してみるとわかるように法的手段を匂わすような文面が書かれています。

このような内容は脅しではなくて実際に期日を過ぎると、法的手段を講じられてしまうことになりますので、財産差し押さえや競売等が始まってしまう場合があります。

すぐに何らかの対策を講じなければならないのですが、素人には難しい問題になりますので任意売却などを専門にしている業者に相談してみることが大切です。

そうすることによって、解決の糸口が見えてくる場合が多いです。
一人で悩んでいるよりもずっと心強い存在になってくれるでしょう。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
54歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却できた」
         
ローンを残さずに自宅を売却できたのはこちらにお願いしたおかげです。諦めかけていたので相談してみてよかったです。

公式サイトはこちら

2管財ソリューション

おすすめの理由
  • 買い戻しプランあり
  • スピード売却可能
  • ケースに合わせたプラン多数

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ

運営者情報