離婚によるローン滞納、競売 > 競売の流れ > 競売の期間入札通知書

競売の期間入札通知書


競売の期間入札通知書が来たら

借金を踏み倒そうと考えている人はいないと思いますが、住宅ローンが払えなくてどうしていいのかわからなくなってしまう場合があります。
督促状などが届いても頭が混乱してしまい放置してしまう場合もあるでしょう。

そのようにもたもたしていると、競売の期間入札通知書が来てしまいます。
この通知書が来てしまった場合は競売にかけられる用意が着々と進んでいるということですから、ある程度覚悟しなければいけません。

しかし、マイホームを失うとしても、競売にかけられるよりは任意売却してしまった方が高く売ることができます。
後の生活のことを考えてみると、任意売却できる方法を探しておいた方が良いです。
競売で家を売ってしまうとかなりの安い金額で買い取られてしまいますので、自己破産するしか道が残されていないような状態になります。

通知書が来たとしてもまだ間に合う

競売に関する通知書が来てしまったのでもう何もできないと考えてしまう場合が多いのですが、実はまだ任意売却するためのチャンスは残っています。
専門業者に依頼することによって競売が完了するまでに売却をすることが可能になります。

厳密に言うと競り落とした人が入金するまでに任意売却をすることが可能です。
そうすることによって、少しでも残ってしま債務を減らすことができるのです。

財産を失うというのは本当に悲しいことですし、判断能力を失うほど辛いことですが、それでも最低限生活が続けられるように最善の道を探していくのが大切です。

裁判所からの通知というのは本当に怖いものですし、素人にはなかなか難しい手続きになります。
このような事例をたくさん扱っている事務所はたくさんありますので、早めにそのような事業所に相談してみることが大切です。

通知書が来たとしても売却は可能ですが、とにかく早く動かないと不可能になってしまう場合もあります。
もたもたしていると競売が成立してしまうのです。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
54歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却できた」
         
ローンを残さずに自宅を売却できたのはこちらにお願いしたおかげです。諦めかけていたので相談してみてよかったです。

公式サイトはこちら

2管財ソリューション

おすすめの理由
  • 買い戻しプランあり
  • スピード売却可能
  • ケースに合わせたプラン多数

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ

運営者情報