離婚によるローン滞納、競売 > 競売の流れ > 競売の期間入札通知書

競売の期間入札通知書


競売の期間入札通知書が来たら

借金を踏み倒そうと考えている人はいないと思いますが、住宅ローンが払えなくてどうしていいのかわからなくなってしまう場合があります。
督促状などが届いても頭が混乱してしまい放置してしまう場合もあるでしょう。

そのようにもたもたしていると、競売の期間入札通知書が来てしまいます。
この通知書が来てしまった場合は競売にかけられる用意が着々と進んでいるということですから、ある程度覚悟しなければいけません。

しかし、マイホームを失うとしても、競売にかけられるよりは任意売却してしまった方が高く売ることができます。
後の生活のことを考えてみると、任意売却できる方法を探しておいた方が良いです。
競売で家を売ってしまうとかなりの安い金額で買い取られてしまいますので、自己破産するしか道が残されていないような状態になります。

通知書が来たとしてもまだ間に合う

競売に関する通知書が来てしまったのでもう何もできないと考えてしまう場合が多いのですが、実はまだ任意売却するためのチャンスは残っています。
専門業者に依頼することによって競売が完了するまでに売却をすることが可能になります。

厳密に言うと競り落とした人が入金するまでに任意売却をすることが可能です。
そうすることによって、少しでも残ってしま債務を減らすことができるのです。

財産を失うというのは本当に悲しいことですし、判断能力を失うほど辛いことですが、それでも最低限生活が続けられるように最善の道を探していくのが大切です。

裁判所からの通知というのは本当に怖いものですし、素人にはなかなか難しい手続きになります。
このような事例をたくさん扱っている事務所はたくさんありますので、早めにそのような事業所に相談してみることが大切です。

通知書が来たとしても売却は可能ですが、とにかく早く動かないと不可能になってしまう場合もあります。
もたもたしていると競売が成立してしまうのです。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報