近所へ聞き取り調査


競売物件の聞き取り調査について

ローンが払えなくなってしまった物件を手放さなければいけないと感じている時に、どのような方法で債務を少しでも減らすことができるかと考えなければいけません。
任意売却をするのか、競売にかかってしまっても良いと判断するのかはそれぞれのデメリットを考慮していく必要があります。

長年住んでいる家であれば近所との関係もあるでしょうし、今後の生活をどこで送るかによっても判断が異なってきます。
競売にかけられた物件はプライバシーが保たれませんから、いろいろな人に家の中の様子や外観の写真などが閲覧されてしまいます。

もしもそのような状況を避けたいのであれば、任意売却しておいた方が良いでしょう。競売にかけられると狙った不動産屋が近所に聞き取り調査をすることもあります。そうなると確実にご近所に迷惑になりますし、噂が流れてしまう事は避けられません。

ブラックリストには載るがどちらも同じ

任意売却をする時には信用会社に対してブラックリストに乗せられてしまいます。
返すはずだったローンを返せなくなったわけですから、ブラックリストに載せられてしまうのは仕方がないことです。

競売にかけられたとしても、同じようにブラックリストに載るわけですから、任意売却の方がメリットが大きいです。
ダメージが少ないのも任意売却ですから、なんとかその方法がとれないか考えてみるべきです。
専門の業者に頼むと様々な手続きを一気にまとめてやってくれますので、メンタル的にもダメージが少ないでしょう。

自分の家が競売物件になってしまうというのは、近所に迷惑になるだけではなく非常にメンタルに負担のかかるものです。
その地域には住めなくなる人も多くいますので、注意しなければいけません。

もう一度再起するためにはなるべくダメージの少ない方法で借金を清算しておく必要があります。
どんな方法が一番良いのかということをよく考えるべきです。
投げやりになってしまうのが最悪です。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報