近所へ聞き取り調査


競売物件の聞き取り調査について

ローンが払えなくなってしまった物件を手放さなければいけないと感じている時に、どのような方法で債務を少しでも減らすことができるかと考えなければいけません。
任意売却をするのか、競売にかかってしまっても良いと判断するのかはそれぞれのデメリットを考慮していく必要があります。

長年住んでいる家であれば近所との関係もあるでしょうし、今後の生活をどこで送るかによっても判断が異なってきます。
競売にかけられた物件はプライバシーが保たれませんから、いろいろな人に家の中の様子や外観の写真などが閲覧されてしまいます。

もしもそのような状況を避けたいのであれば、任意売却しておいた方が良いでしょう。競売にかけられると狙った不動産屋が近所に聞き取り調査をすることもあります。そうなると確実にご近所に迷惑になりますし、噂が流れてしまう事は避けられません。

ブラックリストには載るがどちらも同じ

任意売却をする時には信用会社に対してブラックリストに乗せられてしまいます。
返すはずだったローンを返せなくなったわけですから、ブラックリストに載せられてしまうのは仕方がないことです。

競売にかけられたとしても、同じようにブラックリストに載るわけですから、任意売却の方がメリットが大きいです。
ダメージが少ないのも任意売却ですから、なんとかその方法がとれないか考えてみるべきです。
専門の業者に頼むと様々な手続きを一気にまとめてやってくれますので、メンタル的にもダメージが少ないでしょう。

自分の家が競売物件になってしまうというのは、近所に迷惑になるだけではなく非常にメンタルに負担のかかるものです。
その地域には住めなくなる人も多くいますので、注意しなければいけません。

もう一度再起するためにはなるべくダメージの少ない方法で借金を清算しておく必要があります。
どんな方法が一番良いのかということをよく考えるべきです。
投げやりになってしまうのが最悪です。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
54歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却できた」
         
ローンを残さずに自宅を売却できたのはこちらにお願いしたおかげです。諦めかけていたので相談してみてよかったです。

公式サイトはこちら

2管財ソリューション

おすすめの理由
  • 買い戻しプランあり
  • スピード売却可能
  • ケースに合わせたプラン多数

3タクショウ

おすすめの理由
  • 任意売却の成約率98%
  • 新人が対応することはなし
  • 最後まで同じ担当者

ページトップへ

運営者情報