任意売却相談センター


いつでも気軽に相談できる任意売却相談センター

任意売却相談センターはフリーダイヤルやメールで全国対応の無料相談をおこなっています。
相談の受付時間は午前9時から午後9時までと長く、土・日・祝日も受け付けているのが大きな特徴です。

しかも電話・メールでの問い合わせ共に、匿名で相談することができるので、まだ具体的に任意売却することを決めていない、というような場合でも、気軽に相談できる場所となっています。

離婚の任意売却で注意したい点

債務整理や通常の任意売却と違うのは、夫や妻といった配偶者がいること。
土地や家屋が共有財産になっていたり、連帯保証人・連帯債務者になっていたり、離婚後任意売却をする前に相手が自己破産していたり、さまざまな状況が考えられます。

どんな状況のときにはどうしたらいいのか、その疑問に答えてくれるのが任意売却相談センターのプロ達です。

条件によってはすぐに任意売却の手続きを進められないということも考えられるので、なるべく早く任意売却の手続きを進めたいという場合は、まずは自分の状況をしっかり把握して、プロにアドバイスを仰ぐことをおすすめします。

まだ離婚が成立していない、離婚調停中でも任意売却についての知識を知るために、相談しておくという人もいるようです。
住宅ローンを滞納してしまうと、その住宅には住めなくなってしまうこともあるので、少しでも不安を解消したいならまずは相談しておきましょう。

任意売却相談センターを利用する強み

匿名で相談できることも便利な任意売却相談センターですが、最初に相談を受けたスタッフが任意売却の手続きはもちろん、売却後までマンツーマンで担当してくれます。

担当が変わるたびにさまざまな説明をしなければならない、ということにもなりませんし、何より個人情報が漏れてしまう心配がないというのも嬉しいポイントです。

また任意売却して終わり!というわけではなく、その後の生活についてもしっかり考えた上でのアドバイスをしてくれるので、複雑な状況にある場合でも諦めず、まずは相談してみることを考えてみてください。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報