任意売却24時


任意売却専門のポータルサイト

任意売却を考えているけど、どこに相談したらよいかわからない…。
初めての任意売却なら、そんな風に思って当然のことではないでしょうか。
まずは相談する場所を探すことから始めたいなら、任意売却24時が便利です。

全国各地にある任意売却24時ネットワーク認定の相談室を検索することができ、自分に合った任意売却のプロを見つけることが可能です。
どの任意売却依頼先を頼んでよいかわからないという場合でも、任意売却24時の総合窓口として、メールや電話で相談することもできます。

任意売却に関する相談はもちろん無料です。

競売と任意売却の違いとは

自宅や土地などが競売にかけられると、裁判所から競売の決定通知が届きます。
これが届いてしまうと、早ければ数ヶ月で不動産を手放さなければなりません。
たとえ新しい引っ越し先などが決まっていなくても、買受人が決まれば不動産を明け渡す必要があります。

さらに、競売で販売される価格も市場評価よりかなり低くなってしまうのが特徴です。

それに対し、任意売却は一般的な不動産売買とほとんど変わりありません。
競売との大きな違いは、売却価格にあります。
競売では市場価値よりもかなり低い価格で売却されてしまうことが多いですが、任意売却では市場価格に近い価格での売買がされることがほとんどなのです。

場合によっては強制的に立ち退きさせられてしまうこともある競売と、市場価格に近い価格で売買ができる任意売却、どちらを選びたいですか?

任意売却なら必ず現金が手元に残る?

任意売却で不動産を売却した場合、ほとんどの場合で手元に現金が残ることになります。
専門企業などに依頼して任意売却を進めてもらう場合でも、必要な費用や報酬などは売却代金の中から支払われるため、持ち出し費用がないのも特徴です。

ただし、物件やローンなど債務の状況によっては、ローン残高より低い価格での売却が決まってしまうこともあります。
しかし任意売却なら、引っ越し代という名目で現金を受け取れる場合もあるので、新生活への資金などに不安がある場合ほど、任意売却がおすすめです。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報