司法書士法人F&パートナーズ


近畿一円に対応している司法書士事務所

司法書士法人F&パートナーズは、京都、滋賀、大阪に拠点を置いている司法書士事務所です。

主な業務内容としては、不動産登記、相続・遺言、借金・ローン問題、労務問題、企業法務、境界確定など、多岐にわたります。
事務所のあるエリアはもちろん、近畿エリア一円に対応しており、各種手続きに必要なやりとりをワンストップで依頼できるというのが大きな魅力です。

司法書士法人F&パートナーズの不動産登記業務

不動産登記は、土地や建物に関する所有者を登記簿と呼ばれる公の帳簿に記載することで、権利関係を誰にでもわかる状態にし、各種取引を安全かつ円滑にする役割を持っています。

不動産登記の主な業務としては、売買、担保の設定・抹消、相続、贈与、遺言などがあります。
取引に必要な書類の作成、取引への立ち会い、行政への申請といったものが主な業務です。

不動産に関する仕事などをしていない限り、なかなか触れる機会のない不動産登記。
やり方や必要な書類などがわかっていれば自分だけでもできますが、初めて不動産の売買をするときなどは、専門家に相談しながらおこなった方がよいでしょう。

不動産の任意売却についても得意としており、売却前の不動産調査や売渡証書の作成、取引時の書類チェックなどもおこなってくれます。

司法書士法人F&パートナーズに任意売却を依頼すると

不動産の任意売却を司法書士法人F&パートナーズに依頼した場合、依頼にかかる料金は約1万円から2万円程度となっています。

売り主側から不動産売却の依頼をした場合、司法書士事務所に支払う報酬が約1万円から2万円、また売渡証書に貼り付けるための収入印紙代が200円程度、実費でかかります。

多少の出費にはなりますが、不動産を競売にかけて売却するよりも市場価値に近い価格で売却できるのが任意売却です。
司法書士事務所への報酬を支払っても、不動産を競売にかけるよりも手元にお金が残るということが考えられるので、不動産の売却を考える時には、まずは専門家に相談してみることをお勧めします。

不動産売却などに関する相談・問い合わせは、フリーダイヤルの電話相談はもちろん、メールでの問い合わせも可能です。


ページトップへ

後悔したくない!失敗しない任意売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、現状の不動産価値(相場)を確認
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • その相談待った!まずは査定サイトを利用してから任意売却相談した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ってしまうと不動産を競売して支払いをすることになります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため融通も利かず任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産のような専門業者が仲介してくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

運営者情報